前へ
次へ

レンタルパソコンは途中解約ができる

事務所などにパソコンを導入するといった場合には、リースかレンタルパソコンにするか判断に迷うという人もいるでしょう。リースの場合には、契約した期間が満了するまで解約が基本的にはできないという点があります。しかし、レンタルパソコンの場合には、途中解約が可能という点がメリットといえるでしょう。そのため、レンタルパソコンの場合では、仮に5年契約を結ぶとしても、2年や3年の段階で解約をしたいとなった際に差額精算を行うことで解約することができます。これができるということは、社員の数が変化した際など柔軟に対応ができるという点が大きなメリットといえます。何年も経営をしていれば、社員数なども増減することはあります。社員が減った時に、レンタルパソコンが余剰状態となってしまったとしても、解約ができれば無駄な費用がかかりません。レンタルパソコンは、初期費用なども抑えることができ、途中解約などの対応ができるためパソコン導入を検討しているという場合には、レンタルパソコンなども検討してみるといいでしょう。

Page Top